三雲長石に魅了された陶芸家たち

  日本陶料 山中氏

日本は陶器の原料に恵まれていますが白いものがあまりありません。三雲長石には白さがあり、品質も安定しているので重宝されています。清水焼は見た目が薄く、軽く、強度があり、焼成後の白さが特徴です。見た目が良く、心に響くものが作れると多くの陶芸家より評価を得ています。



   下田焼 小迫氏

 湖南市下田地域の伝統的な陶芸品、近江下田焼。白い生地に「呉須」と呼ばれる鮮やかな藍色の絵付けが特徴で、高温で焼くため割れにくく、日常で使う食器などが製造されている

 

https://www.shigabunka.net/archives/238



 湖南市の陶芸 伊藤 慎氏

 

おおらかな滋賀の風土の中で、人の手から生まれる柔らかな表情を大切に。普段の生活がちょっぴり特別に感じられるような、

そんな陶芸を目指しています。

 

 


http://www.shin-ito.jp



    高木 岩華氏

初代より続く京都の陶芸の流れを主体とし、乾山、仁清、祥瑞写しなど伝統技術の手仕事中心の製作を守りつつ、使いやすく心ある夢のある作品造りを心がけ、新しいことにも挑戦しています。

 

 

 

605-0914

京都市東山区東大路馬町西入下新シ町

 

TEL:075-561-4491
FAX:075-561-9440

http://kyototoujikikaikan.or.jp/closeup/2016/12/10/3477/



 イサオ工房 今村氏